センター概要

目次

  1. くしま市民活動交流センターって?
    1. くしま市民活動交流センターの「コンセプト」
    2. くしま市民活動交流センターの「3つの目的」
    3. くしま市民活動交流センターの「4つの役割」
    4. くしま市民活動交流センターの「7つの姿勢」
    5. 市民とは?
    6. 市民活動とは?
  2. パナップ Q&A
    1. パナップに相談したい時はどうしたらいいですか?
    2. 「パナップ」ってどんな意味?
    3. センターは市の施設なの?

くしま市民活動交流センターって?

 全国の自治体で、「市民協働」が主流になりつつあります。

私たちが暮らす地域社会では、近所同士が支え合い、子どもを見守り、お年寄りを大切にし、世代を超えた交流や防犯・防災活動や安全・安心のための活動を「共助」の力で築いてきました。
これまで公共サービスでは、主に行政が担うという考え方でしたが、人口減少や少子高齢化など社会が大きく変化する中、市民や様々な団体が、連携、協力して行う「協働」の仕組みが必要となってきています。

行政とNPO等の市民団体、企業が協力し合うと、課題を解決できるものが何かあるはずです。
お互いの守備範囲と領域をきちんと設定し、それぞれの特性と能力に応じた役割分担をすることで、市民活動がさらに充実すると考えられます。
わたしたちセンターは、市民や参加者の声をよく聞き、一人一人のつぶやきを“カタチ”にしていく役割を目指していきたいと思います。

くしま市民活動交流センターの「コンセプト」

 現在、すでに活動を行っている団体、または、これから活動をはじめようとする団体の組織の基盤強化を図り、市民団体間や企業、NPO、行政との協働やネットワーク構築を重点的に支援し、単独では対応できない課題解決に向けて新しい活動の力を創造します。

センターは広く市民活動を支援する場を目指します。
支援する市民活動とは特定の個人の利益の追求ではなく、市民に役立つ活動を支援します。
センターは、気軽に集える場を提供し、市民によるまちづくりが息の長い活動となるように、市民活動の実践を通して市民と一緒に学ぶ姿勢で取組みます。

特に、これから何かをはじめたいと思う方の活動を支えることは、市民力を充実させ、まちづくりの原動力となります。

くしま市民活動交流センターの「3つの目的」

  • 市民のための活動をさらに推進します。
  • 失敗を恐れず、チャレンジできる場とします。
  • 新しい公共の担い手の育成を目指します。

センターは、よりよいまちづくりのための市民活動を活性化する拠点を目指します。
市民活動は特別なことではなく、失敗を恐れずチャレンジする意識を持つことが大切です。
多様な主体が交流し協働を実践する場であって、そのために、市民と行政の信頼関係を築くことも大切な取り組みです。

くしま市民活動交流センターの「4つの役割」

 センターの役割を大きく4つに区分して、それぞれの対象者、サービス内容、具体的なアクションを実施していきます。特にセンターの存在や役割について、活動の実践を通して市民に広めていくことが大切です。

    1. ひろめる(啓発、相談、育成)
      「市民活動」を様々な形で広め、間口は広く、敷居は広く、あらゆる相談に応じ、適切な助言を行うとともに、人材の育成に取り組みます。
    2. ささえる(直接・間接的な支援)
      「市民活動」に取り組む「市民」に対して、団体の立ち上げや運営、広報等の面でサポートします。
    3. つなげる(交流、コーディネート、連携、協働)
      「市民と行政」「市民と企業」または「市民同士」の出会いや交流を促進し、それぞれの活動が発展するような「協働」につなげます。
    4. はたらく(主催事業、協働事業)上記の役割を果たしていく中で見えてきた課題に対し、センター自身もその解決のための提案や助言をしながらサポートしていきます。

くしま市民活動交流センターの「7つの姿勢」

  • 前例がないことでも「市民のためにチャレンジする」意識で行動します。
  • 現場に足を運び、市民の声に耳を傾け、市民のニーズを実感します。
  • そのために、市民と行政が本音で対等に語り合える関係づくりに努めます。
  • どうしたら市民のために実現できるか?という“Yes”の視点で運営します。
  • 意見やアイデアを押し付けず、市民と一緒に考え、各団体の特性が活かされるようアドバイスします。
  • 利用者と十分にコミュニケーションを取り、共感できるよう努めます。
  • 何を目的に、どんな効果が得られるかを明確にして行動します。

市民とは?

 「市民」とは、串間市のまちづくりに関わるすべての人です。

  • 住民(串間市内に住む人)
  • 串間市内に通勤・通学する人
  • 串間市内にある団体(事業所・法人・その他の団体)
  • 串間市において活動する個人、団体など

「市民」は単に住民を意味するのではなく、串間市で働き・学び・串間市のまちづくりに関して、自発的に公共的な観点で活動する個人・NPO・ボランティアなどの団体等も含めた幅広いとらえ方をしています。

市民活動とは?

よりよい社会をつくるための

  • 市民の自発的・主体的な活動。
  • 自立していて継続的な活動。
  • 市民の正確向上・改善に結びつく活動。
  • 社会に貢献する活動。

共通の思いや趣味、個人的なつながり等をきっかけに
└→市民が自由な意思で集まり
└→自立的に活動することにより
└→さまざまな社会の課題に気づき
└→行政や地域とともに解決の方策を探り
└→「同じ思いの人との協働し、取組を継続していく」ことが「市民活動」です。

パナップ Q&A

パナップに相談したい時はどうしたらいいですか?

 串間市民の方なら、どなたでも無料で相談できます。
まずは、お電話いただくか、メールにてご予約ください。
ご希望の日時を決めたうえ、スタッフが対応させていただきます。当日は、相談内容をシートにまとめて、相談者のニーズに添えるよう対応します。
1 )ボランティア活動に関すること
2 )団体運営に関すること
3 )イベント企画・運営に関すること
4 )広報・周知に関すること
5 )活動、イベント等の協力要請に関すること
6 )NPOの設立申請や会計に関すること
7 )その他

「パナップ」ってどんな意味?

センターは、市民、NPO、企業、行政とのパートナーシップ(協働、提携)を基本に運営していますので、
その「ートーシップ」の文字を省略して「パナップ」としています。アイスクリームの商品名みたいですね。とよく言われます。
センターのことを「パナップ」と呼んでください。

センターは市の施設なの?

 センターの建物自体は、市の施設ではありません。

市からの委託契約により、民間の空き店舗を借りて「NPO法人くしま商道芸人」が運営しています。
民間による柔軟で効果的、効率的な運営と市民の視点に立った支援活動を行います。
(なお、センター運営に係る経費、人件費、主催事業などは委託料で賄っています)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です